新着情報

建物の寿命は現在の人間の平均寿命 + α。しかし全くメンテナンスしなければ 40 年前の人間の平均寿命にも届きません。

資産価値は金銭価値と使用価値、言い換えると物理的価値と心理的価値になります。しかし不便はしばらくすると慣れてくる、眺望の良さはしばらくすると日常になる。建物の劣化さえしばらくすると見慣れてきます。

マンションは空間を共有しているだけで支配しているものは何もありません。
また居住者も建物と一緒で何もしなければ劣化していきます。
そして限界の先に何があるか予測しなければ住み継がれません。
住み継がれないマンションに価値はありません。

究極、コンサルタントの仕事は建物の寿命を延ばして世代を超えて住継ぎ可能な空間を提供することです。

D.S.J の使命は耐震診断、耐震補強設計、大規模修繕工事監理を通じてコンサルタントの社会的責任を果たしていくことです。

大規模修繕工事監理

一級建築士は決してオールラウンドプレーヤーではありません。
調査診断が得意だが設計は苦手、もしくは設計は得意だが調査診断がNG、工事監理はできればやりたくない(施工会社とのやり取りが苦手)という具合でそれぞれ得手不得手があります。
そこでDSJでは大規模修繕の工事監理のみを行う経験豊富なスタッフを参集しました。経験こそが最大の“ウリ”です。

自ら設計をした物件の工事監理を自ら行うのは理想?否、第三者的な目で見てこそ冷静で中立な判断が可能になります。
他の管理組合のヒアリングがあるから今回の理事会、修繕委員会は欠席しますといったこともありません。
貴管理組合の専属になります。このメリットは計り知れないほど大きな要素になります。

D.S.J は管理組合様と共に20数年以上大規模修繕にかかわった実績のあるスタッフにより管理組合様が何を求めているのかを把握し、過去の様々な経験と新たな技術を踏まえ、より最適と思われる工事監理を行ってまいります。
会社としての歴史は浅いですが、スタッフの経験と探求心は豊富です。
我々は昨日よりもより良い提案が行えるよう、幅広い知識を取り入れ、日々たゆまぬ努力をして参ります。

耐震診断・耐震補強設計業務

1981年以前に建てられた旧耐震基準のマンションについて、耐震診断を行います。
必要に応じて補強設計を行い、建物の耐震化に進むための流れを説明します。

我々 D.S.J は (株)T.D.S の神奈川県内、特に横浜、川崎の耐震診断、耐震補強設計、耐震補強工事監理の実績を継承し、今後の上記地区の新規物件については T.D.S と業務提携を締結して D.S.J として業務を行ってまいります。
業務スタッフも T.D.S より移籍しており皆様方のご期待に応えるために技術の研鑽を日夜行っています。
T.D.S の実績は下記 URL からご確認下さい。

https://www.tds-arc.com/


お気軽にお問い合わせください。045-319-6682受付時間 10:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ
PAGE TOP
MENU